己を鍛える


己を鍛える
by kn19870825
カテゴリ
全体
自己啓発
語学
スポーツ
上達法
ゴルフテクニック
資格取得
犬のしつけ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自分改造指南書



自分改造指南書


成功しやすい人としにくい人。
世の中はこの2極に分かれています。

では、何がそれを分けているのでしょうか。

ソレを持っているか持っていないのか。
ソレを知っているか知らないかで大きく成功率が大きく変わる。

成功者と呼ばれる人はコレを無意識下に持っているのです。

その他、大きく関わってくるものとしては環境の問題もあります。

努力が実り難い足を引っ張るものが周りに潜んでいないか?
今の環境が非成功に繋がるマイナスのものを含んでいないか?

自分もこれらを知りソレの解決策を見出すまで、努力は全く実りませんでした。

行動している!がんばっている!のに前進しないのはなぜ?

他の人と同じようにしているのに何故か、自分だけうまくいかない…
これにも理由が存在しています。知ればそこを直せますが知らなければ?
せっかくの行動や努力が自分のものにならないまま、空回りしているからです。
努力や行動に対して結果が見えてこなければ。

人がずっとヤル気を持続させる事は非常に困難なものとなります。
多くの人はコレに気付けないまま、努力や行動、時に根性論だけで進んでいます。
そんな状態では成功はどんどん、遠のくばかりです…
成功者が持っていて非成功者が持たない「ソレ」とは。

いわゆる人生勝ち組、またはエリート属性の人達。
何かをすれば、努力がそのまま実り成功をその手に収めていきます。
デキが良いとされる人は自然と「ソレ」を身につけている場合が殆どです。
講師陣は殆どが成功者属性の人達です。

当たり前と言われれば当たり前の事です。しかし、ここに落とし穴がありました。
講師として教える際、必ず出てくる多くの成功しない人達。
全員に同じ事を教えても成功するのは一部の人のみです。
「ソレ」を持つ人が生徒であれば成功するのですが「ソレ」を持たない生徒は成功できません。
講師陣の方々は「ソレ」を当然に持って居るので他人へ上手くそこを教えるのが難しいのです。
非成功者がソレを知るのは長く険しい道のりがあります。

教えられる人が居ない、という事は自ら何かしらの方法で知るしか方法は無い。
ネットを見ても解りませんしどうすればいいのか、明確な回答は書かれていません。
講師に聞いても自らが当たり前に持っていてソレの存在に気付けない。
気付いていないものを教える事は絶対に無理ですよね。だから教えられません。
非成功者が成功する為に見つけた出したソレを解りやすくのがこの指南書です。
身の周りについて考える事の必要性。

人は環境でも大きく能力を変えてしまいます。
良い環境に居る人と、劣悪な環境に居る人が同じであるとは考え難いですよね。
もちろん、環境をガラリと急に変えるのは無理です。
まず、今の環境がどういう状態であるかを知らなければなりません。
悪い環境化に身を置いていても気付けなければ何の疑問も無く、ずっとそのままです。

良い生活がしたい、少しでも今より裕福になりたい。

そう、思った時に今の仕事に満足ができない…
低い賃金、いつ切られるか解らないクビ…

自分でどうにかしよう!と思い立つのは大正解です。

しかし、ここで問題が出てきます。

雇われている段階で良い位置に居られなかった人は成功しにくい、という事。

これにはやはり、先にも紹介をした成功者が当たり前に会得しているモノが関与しています。

非成功者はコレを持っていない事がほとんどだから、成功しにくい。

持っていない事が、成功の阻害要因となってしまっているのです。

どこに原因があるのかを知る。

成功者が持つ特有のものを会得するにはまず、知らないとなりません。
自分自身のどこに阻害要因となる部分があるのか。
それを特定し自分自身を知る事は、成功者体質に自分を改造するのに大切です。
会得する意味とその流れを解説。

何か難しい事をしないとならないとか、特別な才能が必要であるとか。
コレはそういった類のものではありません。
誰でも、成功者が持つ特有のソレは会得可能です。
なぜ、最初から持つ者と持たざる者が居る?

誰にでも得られるはずなら、なぜ最初から全員が持っていないのか。
その理由は一種のコツのような側面もあるからです。
最初から足が速めな人っていますよね。そういった類と思ってください。
ですが、運動と違ってこのコツは文書として説明ができるので誰でも会得できるのです
阻害要因があれば努力は実りません。

いくら努力しても、行動しても成功しない…実らない。
邪魔をしているものがあるのだから、すんなり成功するわけがありません。
邪魔なものを必要なものに置き換えていく必要があります。
これは非成功者体質から成功者体質に変化させる事を目的とした指南書です。
阻害要因は1つだけではありません。

ただし、これに関して絶望する必要は全く、ないのです。
この指南書に関して嘘は書きたくないので正直に、書きましたが複数あっても大丈夫。
各々の内容に沿って解りやすく説明と阻害要因を消す方法を記しています。
成功阻害要因は不必要です。欲しいのは成功推進要因。

マイナス要因なんて欲しいわけがありません。
一部の人が無意識に持ち、成功を治めて居る中。
コレに気付けないだけで成功から遠のき阻害されるなんて、理不尽極まりありません。
そんな理不尽も指南書を読み、理解すればサヨナラです。

成功者体質を持たない人はダメな人とされてしまいます。

それは誰が悪い、というものではありません。
ただ単に、この成功者体質を持つか持たないか。

成功者体質と非成功者体質の差に気付けなかっただけでしかありません。
たったそれだけの差で、出来が良い人とされるかダメな人とされるか分かれるのです。

複数にまたがる様々な理由からなる「ダメな人」とされる原因は、改善可能です。

ここではどこを、改善すべきかを細かく割り出します。

割り出す、と言っても難しい事ではありません。

日本語で書いてある指南書をゆっくり読み進め、理解すればいいのです。

なぜ、ダメな部分を知る必要があるのか?

ダメな部分を知る。これは決して気持ちの良いものではありません。
多くの成功者が持っている成功者体質に本人が気付けないのと同様に。
ほとんどの非成功者体質を持つ人も「自らの見えない足枷」に気付けないからです。
気付けないものは教えられない、教われない。だから直せない…
その連鎖を断ち切るのがこの指南書です。
成功者が持っているもの、非成功者が持っていないもの。

成功者が持っている「プラス要素」を知る。
その上で非成功者が持っていないソレを知る。
成功者が持っているソレは多ければ多いほど、デキが良く成功しやすい人となります。
非成功者が持っているもの、成功者が持っていないもの。

成功者が持っていない「マイナス要素」を知る。
その上で非成功者が知らず知らず持ってしまっているソレを知る。
非成功者が持っているソレは多ければ多いほど、ダメな人とされてしまいます。
文書として読めば理解ができる脱ダメ論。

>>>自分改造指南書


成功のしやすさ、いわゆる勝ち組か負け組みかを決める部分。
これらは知るとけっこう、単純な事でもあります。
しかし気付きにくいから、多くの非成功者体質の人はここから脱せません。
ここでダメな人代表と言っても過言ではない人が得た脱ダメの極意が役立ちます。
様々な部分のダメとされる部分を説明していきます。

成功しにくい人。努力が実りにくい人。一生懸命、何かをしてもダメ扱いされる人…
これにはちょっとした差が関わってきています。
そのちょっとした差の積み重ねが失敗体質、つまりダメな人を招いているのです。
ならば差の積み重ねを崩せば良いだけ。それをお伝えしています。
ありのままの自分じゃダメ。

全てを変えるわけではありませんが、ありのままの自分でずっと生きると損をします。
この指南書は自らの人生を幸せに、裕福に、満足のいくものにしたい。
選ばれた「素敵な人生」を得る為に必要な部分を成功しやすいように変えていくのです。
一部のデキが良いとされる人が持っている要素を身に付けて損はありません。

何が成功の邪魔をしているのかを先の章で知りました。

知っただけで「はい、知る事ができましたねー」では何の解決にもなりません。
次は知ったこの成功阻害要因を潰していく必要があります。

知ったら自分でそこをどうにかしてください、というのは不親切です。
この指南書では割り出したダメポイント毎にシッカリと改善策をお伝えします。

多くの成功者が教えられず、「行動するだけです」で片付けてしまっている細かい部分。

その根底部分「行動するだけです」に必要なのが成功要素なのでこれが無いと機能しません。

誰しもが幸せになる権利があって当然です。

幸せを得る為には何かで成功するのが近道。その近道を知る為に自分の改善をしてください。

ダメな人、とされてしまい成功から遠のかせる部分の解決は必須!

ダメポイントを知るだけしって、それだけでは全く意味がありません。
むしろ精神衛生上、マイナスでしかなくなってしまいます。
ダメな人とされてしまう部分はしっかり改善するのが幸せへの第一歩です。
知る事が出来た部分は説明を参考にして改善を進めてください。
これは本当にダメだった人だからこそ解った貴重な情報です。

【指導者=優れた人】である事から、指導者自らが自然に持つ成功要素を教えられない。
これを指導者から盗み取れ!という職人のようなスタンスでは会得しにくいです。
また、時間もかかり気力も擦り減り…更に習い続けるお金も厳しくなるのが現実。
ダメの極みだった人が数年をかけて脱ダメを果たしたからこそ、伝えられます。
改善に必要なのは日本語を理解する力。

脱ダメを果たしはしましたが…自分は日本語以外の言語を操れません。
ですから日本語で丁寧に改善策の説明をしていますので、それを読み理解を深めてください。
読み、理解し実践を勧めていけば自分改造は確実に良い方向へ進みます。
何をどう、していけば良いのかをしっかり説明しています。

多くの指導者を悪く言うつもりはありません。
だた、あまりにも「やるだけ」という抽象的な指導が多いのです。
正しい事を言っているのは今なら解ります。しかし、これの真意を知りたい頃はこれでは解らない…
ここが解るように、説明しないとならないはずですがしてくれません。
そこまで言わなきゃ解らないの?と言われる場合もあるかもしれません。
「それしか言いようがありません」と返される場合もあるでしょう。
はっきり言って、それでは何の教えにもならない。だから解るように解説したのです。
非成功要素を改善すれば世界が変わる!

またまた、オーバーな…と思われるかもしれませんが、事実です。
何か、努力をし行動をしたものが実る体質になったのなら?
特に「幸せな生活を得たい!」という方なら必須項目として成功体質が上げられます。
ほとんどの人にそれは当てはまるのではないでしょうか。…幸せになりたいのは当然の事です。
ダメな人とされる非成功要素を捨て去りましょう。

努力が実り難い非成功要素。そして更に普通の人ですらダメな人とされてしまう…
結局「即習得!即実績!」という企業にとって
都合の良い人でない限り、ダメな人と勝手に位置づけられるのです。
そんな理不尽な話はありません。そもそも非成功要素なんて好きで持つ人はいませんから。
物事全てに、元から得意な事とか苦手な事ってあります。これも、そういう要素の1つ。
だからこそ、この指南書で非成功要素なんかさっさと捨ててしまいましょう。

いくつもある足を引っ張っている要因を1つ1つ、解説しました。

成功を収めるには単に「努力」というものだけではうまくうまく行かないのです。
もちろん、努力は大切であり、必要な事。それは絶対に間違いありません。

この努力を真っ直ぐ実らせないのが阻害要因であり、ダメな人とされてしまう部分。
改善には理解を深め、「なんで、そういう状態に陥ってるのか」をしっかり知る事。

知った数々の要因を解決していけば誰でも、成功者体質になれるのです。

物事を成功させる、何かで結果を残す。

努力以外の第3要因をここに今、まとめました。

人の中で起きるバタフライ効果。

こんな話を聞いた事があるかもしれません。
どこかで羽ばたく小さな蝶の羽ばたきが、やがて台風にも発展する。
普段は感じないような小さい風が、影響に影響を重ね大きな嵐になる。
人も同じです。僅かなズレや差がその人の全てを大きく変えてしまう…
であれば、良い方向に「小さい風」を自ら巻き起こせば良いのです。
普段は気にする必要もない小さな事の積み重ね。

何気ない行動、何気ない自分。
ここに焦点を当て、成功と非成功の差を数年間にわたり調べた結果。
学校でも教えてくれない、社会人になってからも教えてはもらえない。
学歴とも才能とも違った第3の必須能力がありました。
成功しやすい人はこれを無意識の内に習得し、これがあるから成功しやすいのです。
最初の風を起す事が自分の改造に繋がります。

その風は自分自身で起すしかありません。
巻き起こし方はなかなか、知る機会がないので解りにくいです。
だからこの指南書でその巻き起こし方を説明しました。
気が付けそうで気付けない。これが第3の要素「成功者体質」。そして「脱ダメ」です。
成功者はまず、陥らない「ヤル気が出ない状態」

やらなきゃならないのにヤル気が出ない…そんな事があるはずです。
ではなぜ、ヤル気が出ないのか?ヤル気を出すには何が必要でどうすればいいのか。
これも最初の小さな差、初期の巻き起こしが関係しています。
それを元、超ダメだった人だからこそ説明が可能となり、それを記しました。
誰でも成功し、裕福になり幸せになる権利があります。

自分を改造しても即!裕福になりました!にはもちろん、なりません。
しかし、阻害している部分を改善しないと得たいものが得られません。
何か1つに取り掛かっても成功しないまま。これが合わない、次は出来そう…と繰り返します。
そして月日は流れ、得たいものも得られず不本意な生活を日常として受け入れてしまいます…
自分を改造し、幸せを得る為に指南書を手にとってください。

非成功者要素が強く、ダメな人とされてしまった立場の辛さ。そして先の見えなさ。
ずっと自分が居た場所なのでよく、解ります。ここから脱したいのに脱せない…
脱するため。何かの違いに気付きだしてからずっと、そこに注力しやっと解説する域になりました。
脱ダメを果たし、自分の行動や努力を自分自身に反映できる。
それこそが本来の正しい自身の姿。知ってるか知らないか。それだけの差なのですから。

自分改造指南書に興味を持っていただき、ありがとうございます。

直接お金を稼ぐノウハウとは違うので、大した事が無いと思われても仕方がありません。

しかし、何かで成功したいのであれば脱ダメは必須です。

それを質問と回答形式でお伝えいたします。
そもそもダメな人って?

ダメな人という定義も曖昧ですし、第3者から付けられるレッテルみたいなもの
真実、ダメな人なんて居ないのです。
ただ、現代の社会と世の中で豊かでいい生活をしたい場合に於いて
ダメな人と会社や世間、周りから評されるタイプの人は成功しにくい傾向にあるのが事実です。
デキが悪い人、ダメな人だなんて自分の事を悪く思いたくない!

安心してください。別に自分の事を悪く思う必要はありません。
そもそも、何かに問題があるかも?とか。成功したいという向上心があるとか。
その時点でデキが悪いわけでもなければ、ダメな人というわけでもないのです。
あくまでも就職した先での扱い、仕事の得て不得手での周りからの評価。
所詮、他人が見た上辺やその人の一面だけ見て勝手に評するのです。
じゃ、脱ダメって?


>>>自分改造指南書


世間からダメな人、とされてしまうとどんどん、そのダメが身に染み付きます。
また、成功者が持つ特有のコツを持たない者は成功しにくくダメ扱いされやすい。
であれば、そのコツを得て成功しやすい側の人に立てば良いのです。
ちょっとした普段の癖や考え、ものの見方を変更するだけで大きく人は変わります。
成功しにくい要素を無くし、成功しやすいタイプに変わる事が脱ダメです。
ダメじゃない人が読むとどうなるの?

ダメじゃない人が読むと…ダメな人の事がよく、解ります。
一見、知る必要が無いように感じるかもしれませんが役立つ場面はあります。
特にデキが良い人の場合、人に教える立場になる人は多いでしょう。
その際「なんでこの人は教えても成功しないんだろう?」が解り教えやすくなります。
…それでもダメなら自分改造指南書をお勧めしてください^^
即効性はありますか?

嘘はつけませんのでここは、正直にお応えしますが即!は無理です。
そもそも、お金を稼ぐにしても何かで成功するにしても「即」なんて有り得ません。
クリック3回でお金が儲かる!なんてのが事実であれば日本国民全員が大金持ちです。
自分の改造も即!ではないですが自分が変わらない事には何も始まらないのです。
これを書いている今川ももし、脱ダメを果たせなければ今…
路上で生活していたかもしれませんし、消えていたかもしれません。
即!ではありませんが書いてある事をシッカリ理解し進めれば変わります。
即!変化しないのなら指南書の意味が無いのでは?

ある程度、ゆっくりした変化である事は確かです。
しかし、これを自力で得るとなるとまず。手探りで全てを考えないとなりません。
自分より遥かにスゴイ人、成功している人。その人達と時間を共に過ごし観察。
更に高いお金を払って様々なところへ所属し、気付けるか気付けないかの差を測り続ける…。
この部分を教えてくれる人が居なかったから、そうやって得ましたがそれは効率的ではありません。
自分はこれを得るのに約3年かかり使った費用は300万円をゆうに超え、生活は困窮しました。
変化すべきところと、それの対処方法が読むだけで得られるものがあれば遥かに安上がりです。
自分を変えるより良いノウハウや教材があれば成功しそう!

多くの人はそう、思われると感じます。
しかし、実際は良いノウハウも教材もそれだけでは成功には導けません。
これには明確に理由があります。
あなた自身を変えなければ、素晴らしいノウハウも教材も完全に生かしきる事が不可能なのです。
解りやすくパソコンで例えてみます。
あなたはもちろん、パソコンの本体そのもの。ノウハウはソフトやアプリです。
例えば今、WindowsXPに最新のソフトをインストールしたとします。
そのソフトが快適な動作で使えると思いますか?作業効率が良いと言えますか?
感覚的にはそういう事です。パソコン自体を良い物にしないとなりません。
ただ、人間は中の部品を変えたりすれば良いのではなく、自ら進化する必要があります。
その進化を手助けし、なるべく最短で可能なように仕上げたのが自分改造指南書です。
これは独立する人だけに向いた内容ですか?

自分自身、雇われず幸せな生活を!の考えをメインとしています。
雇われていたほうが安心する場合、この指南書は役立つか?という疑問。
それでも「はい」だと思います。雇われ仕事で使える部分も含まれています。
ですが、何かしらダメとされてしまう要素がある人の場合、雇われて良い目はあまり見ません。
まずは副業、そして独立を考え、その上で何か行動を起す人のほうが向いているとは思います。
脱ダメをしないと成功しませんか?

しない、と言い切る事はしたくないので「はい」とは書かないでおきます。
ですが、限りなく困難な道で遠回りをするのは明白かと感じるところではあります。
ダメなまま継続し続ければ、いつか自然と脱しているかもしれません。
結果が出ない、成功しない状態で何年も続けられる気合があるのなら、可能かと思います。
けれどもやはり、効率的でもなければそれが正解とは思えません。
シッカリ直すべき部分や、自らに損な部分はなるべく早く改善するのが成功の近道です。
返金には応じられますか?

悩んだのですが、今回返金は付けていません。
何故なら、返金という安心感でシッカリ読み込まない人を増やしたくないからです。
返金があるからすぐ、読まないで良いやとか。
軽く読み流して内容を理解せず成功体質にならない!とか。
そういう状況は防ぎたいしと強く感じるところからです。
また、マイナス要素の多さも人それぞれ差があるので公平さを保つためにもお付けしていません。
貴重な情報なら内緒にしたほうが得なんじゃないの?

そうですね…得な情報であればある程度の価格で売るよりも内緒にしておく。
これも1つの考え方ですし、それが間違っているとは思いません。
ただ、これは自分自身の改造を指南するものなので市場の飽和とかありません。
「3クリックで●●万円の利益!」などの場合は真実なら内緒にしないといけない部類です。
皆がそれをやったら飽和してしまうのは明白なのですから…
そういった意味から、これは内緒にする意味は特にないのです。
脱ダメを果たしたとしても、目指すビジネスの方向は様々なので利益を取り合いません。
この指南書で良い方向に変わったなら素敵な事と思います^^
多くの人に幸せになって欲しいなら無料で提供すべき!

その考えも否定はしませんが、無料には出来かねます。
まず、作成にかかった時間や費用の問題もあります。
独立する上で時間やコストは、切り離せない部分として自らにも置き換えてください。
また、人は無料だと確実にサボります。これは絶対の法則です。
特に、何かしら成功したいけど成功しにくい…というタイプ。
書いている自分自身が居た位置なのでよく、解りますが無料だと、もらっただけで終わります。
これだけのお金を支払ったんだから読まなきゃ!という気持ちは非常に大切です。
フタを開けたら根性論って事はありませんか?

がんばればなんとかなる!気合でどうにか変わる!前向きな考えを持てば大丈夫!
…というような解決方法がズラリ…とありません。
そもそも、書いている人が、この手の前向き押し売り論が大嫌いだからです。
更に、そういった事だけで成功者になれるか?と問われればそれは違うからです。
本人の努力は必要ではありますが、がんばれ気合だ根性だ!ではありません。
サポートはありませんか?

こちらも考えに考えた結果、脱ダメコミュニティを考えています。
恐らく、ここで必要なものを得たい場合に同じような所で躓く人が多いはず。
また、実際に利益を出したい系の塾やスクールで、この手の質問や弱さはご法度です。
大抵はメンタルが弱いとか、そんな事言っても仕方ないからやれ、とか。
一蹴されてしまうのがオチです。 脱ダメコミュニティは月額制で考えていますのでご期待ください。 もちろん、自分も直接しっかり関わるコミュニティといたします。



ダメな人のまま、普通に雇われ社会生活を送ると損ばかり。

だから雇われないで生きる道を選びたい。
すなわち社会生活を送る資金を自分自身で生み出す独立の必要があるのです。

ですが、独立の道はダメな人のままだと確実に成功しないのも事実なのです。

ダメな人、というこの汚名。
これには理由と原因があります。

理由と原因がある、という事は脱ダメが可能であるという事。

すなわち自らの行動によって変えられるのです。

世の中、企業、会社、世間一般…そして周りの人からの扱い。

ダメな人への風当たりは厳しいです。

更に何かをしても成功し難い…!


そのようなダメな人として、ずっと生きたいですか?

ほとんどの人は「いいえ」だと思います。

もちろん、それが正解。

ダメな人のままで居てはならないのです。


何らかの理由でダメな人とされてしまった場合。

現代社会で生活する上での景色は決して良いものではありません。

「誰にでもできる仕事」を低賃金低待遇でさせらてしまう。

ダメな人はそういう待遇でも雇われているだけ幸せだろ!。

そんな価値観で蔓延している世界ですから。


けれども、単純作業をする人が居て特殊な仕事が成り立っています。

単純作業だから低賃金で当然!という考えには反対です。


しかし、世の中は変えられません。

企業もその考えを変える気はありませんし、社会も変える気が一切ないからです。

安い労働力は美味しいですから。


そこから脱するには、自分自身が変わるしかないのです。

自分自身が変わると世の中を見る目が変わります。

見る目が変われば世間の景色が以前と異なって見える。

景色というか色というか…

ダメな人状態の時とは明らかに異なった世界がそこにあります。


>>>自分改造指南書





[PR]

by kn19870825 | 2017-05-12 14:46 | 自己啓発
<< パワースポット・ブレスレット 潜在意識をコントロールする音響 >>