己を鍛える

川村明宏のジニアススタディー



テキストの一部を紹介すると・・・

基礎能力を同時並行処理させるための超効率的脳の使い方とは?
本来、脳は色々な事柄を同時並行処理できる力を持っています。ただ今までそれをしてこなかっただけなのです。同時にしかも並行して処理させるためには、こんなコツがあったのです。
有名大学・難関三大国家資格も標的に!実戦的トレーニング
日本を代表する有名大学・難関三大国家資格などですから「簡単に受かるよ」とは言いません。もし誰でも簡単だ!などというものがあったら近寄らないほうが身のためです。ジニアススタディ勉強術は、これらに最も遠いあなただとしても限りなく近づけてくれる超学習効果をあなたに備えてくれることでしょう。打てる弾がある!これは強いです。
学習効率を最大限に増幅させる川村式トランジスタ効果とは?
今までの単一の学習では4つの基礎能力を2倍にしたとしても、2+2+2+2と、足し算効果しかありませんでした。川村式トランジスタ効果では、一気に同時並行で処理させるため、あなたの学習効率が掛け算となって増幅されていくのです。学習効率がみるみる上がる醍醐味を体感してください。
憶えたものは忘れない!
カーボン記憶も掛け算で脳にスルッとインプット!
巷に溢れる「イメージ記憶」は確かにパワフル。しかし、これは色彩・形のトレーニングを要するために手間と時間がかかります。カーボン記憶であれば人間の持つ基礎的な能力なので、誰にでも行うことが可能なのです。そして、誰にでも掛け算的に脳にインプットできるのです。
怪しい勉強法には手を出すな!
無い能力は作りだすことができない!
勉強法とは、本来、人間の基礎能力をいかに増幅してあげるか?ということに尽きます。 元から持っていない能力は作りだすことはできないのです。ゼロは何を掛けようとゼロのまま。 怪しい勉強法には手を出すべきではないのです。正しい勉強法への理解を深めます。
見る。聞く。
この2つの基礎能力を押さえれば能力の95%を高めたも同然!
「見る」ということ、学習で言えば「読む」ということ。また「聞く(聴く)」ということ。 人間の基礎能力は、目と耳で95%を占めます。ジニアススタディ勉強術では、この2つを非常に重視していますので、初めての方でもやさしいトレーニングで見る聞く2つの基礎能力をグングン高めていけることでしょう。
書く。話す。
この2つの基礎能力で残り5%を高める方法とは?
見る。聞く。のインプットに対して、書く。話す。は、アウトプットです。アウトプットで残り5%を占めるのは、本来の人間にとってアウトプットがいかに難しいかを端的に示していると言えましょう。ジニアススタディ勉強術では、残り5%と言えども手を抜きません。それどころかこの5%を制することで能力の向上を幾何級数的に高めることができるのです。
受験勉強で他人と差がつく要因とは?
「どうもこの人とは脳の作りが自分と違う気がする」と思えるほど賢い人っていますよね。 でも私たち人間の間では、実は頭の良さはそれほど違わないのです。どんな人でもほとんどドングリの背比べ。そう、あのエジソンやアインシュタインだって同じです。では、なぜ他人と明らかに違うと感じるのか?これを知ったらもうあなたはすぐにでも学びたくなることでしょう。
通常9時間かかる勉強を、たった3時間で終える方法とは?
ライバルに差をつけていくためには勉強の質を高めることが欠かせません。 勉強の質、すなわちスピードを上げることです。すなわち「得られる情報量が高まる」ことを意味します。しかし、5%に類するアウトプットでは個人差はあるものの、他人とそんなに変わるものではありません。ではインプットのスピードを上げたら?と考えたあなたは大正解! あなたのインプットスピードを10倍高める秘密のトレーニングをご紹介します。
速く!遅く!



両極端の使い分けでインプット量を増大させる方法とは?
勉強には暗記がどうしてもついて回ります。裏を返せばそれだけ「欠かせないもの」だということが言えるでしょう。しかし、こと暗記というと、その方法や概念を根本的に勘違いしている人が非常に多いのも事実です。「憶えるためには多くの時間が必要」こう思われているのは実はまったくの勘違いだったのです。憶えるためには時間を短く短く!「それで憶えられるの?」驚くべき事実をご覧いただきましょう。
誰よりも速く書き最大限の情報を脳にインプットさせる方法とは?
筆記スピードの速い人と遅い人では、だいたい3倍程度の差があります。更に他の要素で脳に定着させるまで2倍以上の開きを生じるので、なんと6倍の勉強時間の差がついてしまいます。 誰よりも速く書けるようになる方法を公開します。目からウロコとはこのことでしょう!
もっとも手軽なアウトプット方法を駆使して脳を高速回転させる!
なにやら小学生みたいですが、教科書・テキスト類は「目で文字を見て」「ひたすら声に出して音読」することで効率的に頭に入ってきます。目で見て書いて憶えるだけよりも、スピードで話すほうが圧倒的に勝るのです。脳のこの特性を有効に使いジニアススタディ勉強術では、脳を高速回転させるトレーニング方法を開発しました!その効果にあなたは驚き、舌を巻くことでしょう!
読みながら聞き書きながら話す。
複数の能力を同時に使う究極の方法とは!
効果的な勉強法とは、いかにして人間本来が持つ能力を高めていくか?それに尽きます。 もともと持っていない能力を新しく身につけることは出来ないのです。これが科学の進んだ現代でも、いつまでたっても超能力者が出てこない本当の理由でもあります。しかし、皆が持っている基礎能力を幾何級数的に「増幅」させることは可能なのです!「複数の能力を同時に使う!!」これだけでも今のあなたには超能力に見えてしまうかもしれません。
以上のことを知れば、あなたの学習効率は上がっていき、
物凄い量の知識がインプットされ、素早くアウトプットされていくことでしょう。

もう、勉強することに苦痛を感じる必要は一切ありません。

このように、テキスト&トレーニングサイトを組み合わせ、使いこなしていくことで、
あなたの学習効率は向上していきます。

そして、学習効率が上がることで目指す試験・成績・順位などが思う通りに上がっていくことでしょう。

もうあなたの夢に対して、遠慮も躊躇もいりません。

今すぐあなたの学習効率を上げてください!


>>>川村明宏のジニアススタディー





[PR]

by kn19870825 | 2017-05-20 00:12 | 自己啓発
<< 医学部合格者が教える大学受験勉... 川村明宏のジニアス記憶術 >>