己を鍛える


己を鍛える
by kn19870825
カテゴリ
全体
自己啓発
語学
スポーツ
上達法
ゴルフテクニック
資格取得
犬のしつけ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法

1.ここが違う

例えばアナウンサーの方等が、大物政治家や芸能人にインタビューをした経験を基に、

「アナウンサー直伝、聞き上手になる方法」
「アナウンサーが教える、聞き上手になって成功する方法」

といったセミナーがあります。

アナウンサーであればTV局の肩書があり、TV局という巨大な組織がバックについてたからこそ「格上の存在」たる有名人がインタビューに応じてくれるのです。

皆様には当然、そんな肩書、あるいは強力なバックは存在しません。

現在は講師となった(あるいは講師と兼業している)先生方はその背景についてきちんとした説明をされていましたか?
あるいは「アナウンサーを辞めた途端、マスコミ関係者の肩書が使えなくて苦労した」といった話をされた方はいらっしゃいましたか?
2.ここが違う

「偏差値20アップ」
「テストの成績トップ」
もしこのような「テストの成績」「学歴」をアピールしたらどうでしょうか?基本的に良い評価はされないでしょう。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法



一方、
「年収10倍アップ」
「トップセールス」
この場合、どうでしょうか?おそらく多くの場合、よい評価をされます。

多くのセミナーは学歴を評価しない、あるいは過小評価する一方、「収入」あるいは「営業成績」を過大評価する傾向にあります。

言い方を変えれば「それしか評価することができない」

もっといってしまいますと「視野が狭い」のです。

むろん学歴だけが全てではありませんし、収入や営業成績の秀でた人は一定の評価に値します。

しかしある分野でしか人を評価しない...そんな視野の狭い人達に振り回され、自分自身を活かす方法を間違っていないでしょうか?

3.ここが違う

セミナー講師の多くは最初から「成功者」。

いわば「チート」状態です。

*チート...(ゲーム等で)有り得ないようなデータやステータス状態でプレーすること。またはそのキャラクター等。(例 それって「チートキャラ」だろ)

このマニュアルの作成者はそのような状態ではありません。

皆様と全く同じ。

もしかしたら、セミナーで「隣の席で名刺交換をした、全く印象に残らない人」であるということです。

4.ここが違う

「年収10倍アップ」
「トップセールス」
「元アナウンサー」
「出版関係者」

このような肩書を引っ提げ、満を持して実績作りを目指す。

これらはいわば「強者の戦略」です。

強者の戦略、ビジネスの世界では1%に満たない大手企業や業界トップの企業のみが許される手法です。

ほとんどの人は参考にならない。にもかかわらず、多くのセミナーではこのような方法が正しいとされ、その方法を「伝授」されます。

日本の企業の99%が中小企業であるように、私自身も含め皆様の多くが同じ立場、すなわち「弱者」です。

したがってその手法も「弱者の戦略」による必要があります。

このマニュアルは多くのセミナーによって伝えられる「強者の戦略」ではありません。

多くの方々が必要としている、「弱者の戦略」に基づいたものです。


>>>強者に勝つ!弱者が0から実績を作る方法









[PR]

by kn19870825 | 2017-08-12 16:32 | 自己啓発
<< 対人関係に悩み続けたビビりのぼ... 「お金の器」のひろげ方講座 >>